商品情報にスキップ
1 6

広告 Vol.417 特集:文化

広告 Vol.417 特集:文化

通常価格 ¥1,000
通常価格 セール価格 ¥1,000
セール 売り切れ
税込
全体テーマである「いいものをつくるとは何か?」を思索する最後の特集は「文化」

その概念の曖昧さと複雑さを受けとめたうえで風土や言語宗教や芸術伝統や権威経済や政治など「文化」をとりまく観念や事象をとおして様々な視点を投げかけます
装丁について

今号の表紙は、1冊1冊色味が異なる「赤」のグラデーションです。人類が最初に使用した色とも言われる「赤」をシンボルカラーとし、シルクスクリーンという印刷技法で、職人が様々な赤を組み合わせながら手作業で刷り上げました。
*通販での購入時には、表紙はお選びいただけません。どれも美しい色ですのでご了承ください。
目次


目次 108 文化とculture
社会学者 吉見俊哉 × 『広告』編集長 小野直紀
文:山本 ぽてと

109 ドイツにおける「文化(Kultur)」概念の成立とその変質
文:小野 清美

110 文化と文明のあいだ
文:緒方 壽人

111 まじめな遊び、ふざけた遊び
文:松永 伸司

112 建築畑を耕す
文:大野 友資

113 断片化の時代の文学
構成・文:勝田 悠紀

114 現代における「教養」の危機と行方
哲学者 千葉雅也 × 『ファスト教養』著者 レジー
文:レジー

115 ポップミュージックにおける「交配と捕食のサイクル」
文:照沼 健太

116 カルチャー誌の過去と現在
文:ばるぼら

117 「文化のインフラ」としてのミニシアターが向かう先
構成・文:黒柳 勝喜

118 激動する社会とマンガ表現
文:嘉島 唯/編集協力:村山 佳奈女

119 中国コンテンツをとりまく規制と創造の現場
文:峰岸 宏行

120 SNS以降のサブカルチャーと政治
文:TVOD

121 開かれた時代の「閉じた文化の意義」
哲学者 東浩紀 インタビュー
聞き手・文:須賀原 みち

122 文化を育む「よい観客」とは
文:猪谷 誠一

123 同人女の生態と特質
漫画家 真田つづる インタビュー
聞き手・文:山本 友理

124 ジャニーズは、いかに大衆文化たりうるのか
社会学者 田島悠来 × 批評家 矢野利裕
構成・文:鈴木 絵美里

125 ディズニーの歴史から考える「ビジネス」と「クリエイティビティ」
文:西田 宗千佳

126 ラグジュアリーブランドの「文化戦略」のいま
文:中野 香織

127 成金と文化支援
日本文化を支えてきた「清貧の思想」
文:山内 宏泰

128 経済立国シンガポールの文化事情
文:うにうに

129 流行の歴史とその功罪
文:高島 知子

130 広告業界はなぜカタカナが好きなのか
「いいもの」は未知との遭遇から生まれる
文:河尻 亨一

131 クリエイティブマインドを惹きつけるアップル文化の核心
文:林 信行

132 未知なる知を生み出す「反集中」
文:西村 勇哉

133 「ことば」が「文化」になるとき
言語学者 金田一秀穂 × 『広辞苑』編集者 平木靖成
聞き手・文:小笠原 健

134 風景から感じる色と文化
文:三木 学

135 「共時間(コンテンポラリー)」とコモンズ
ミュージアムの脱植民地化運動とユニバーサリズムの暴力
文:小森 真樹

136 京都の文化的権威は、いかに創られたか
構成・文:杉本 恭子

137 生きた地域文化の継承とは
3つの現場から見えたもの
構成・文:甲斐 かおり

138 ふつうの暮らしと、確かにそこにある私の違和感
文:塩谷 舞

139 過渡期にあるプラスチックと生活
なぜ、紙ストローは嫌われるのか?
構成・文:神吉 弘邦

140 文化的な道具としての法の可能性
文:水野 祐

141 「日本の文化度は低いのか?」に答えるために
構成・文:清水 康介

142 イメージは考える
文化の自己目的性について
文:中島 智

出版社:博報堂
発売年月:2023年3月
判型:14.8 x 10.5 x 4.9 cm
頁数:1000頁

在庫あり

詳細を表示する