商品情報にスキップ
1 1

筒井 功 / 日下を、なぜクサカと読むのか

筒井 功 / 日下を、なぜクサカと読むのか

通常価格 ¥2,970
通常価格 セール価格 ¥2,970
セール 売り切れ
税込

「日下」と書いて「クサカ」と読むことは知られている。ではなぜその漢字をあてるのか。そうした古代にまで遡られるとみられる言葉の謎を、地名のフィールド調査から解明する。

目次
第一章 「日下」と書いて、なぜ「くさか」と読むのか
第二章 「笠置」は「日陰地」を意味していた
第三章 『日本書紀』の「頰枕田(つらまきだ)」は円形の田を指す
第四章 「鳥居」のトリとは境のことである
第五章 卑弥呼のような女性のことを「大市(おおいち)」といった
第六章 「国」は「山に囲まれた土地」のことだった
第七章 「山中」と「中山」は同じか、違うか
第八章 「ツマ(妻)」の原義は「そば」「へり」である
第九章 「アオ」「イヤ」は葬地を指す言葉であった
第十章 「賽の河原」とは、どんなところか


その答は第一章に。ありふれた言葉の、忘れられた意味を追って。
古地名の語源を、地形の状況から仮説を立て、例を広げ、
実地調査と聞き取りで実証する。これはもう、
地名解読の科学的アプローチへの旅路である。


著:筒井 功
出版社:河出書房新社
発売年月:2024年5月
判型:四六判
頁数:240頁

在庫あり

詳細を表示する